おかいもの

おかいもの

【お歳暮ギフト】 ボンレスハムセット ボンレスハム約550g きざみベーコン100g2つ

【お歳暮ギフト】 ボンレスハムセット ボンレスハム約550g きざみベーコン100g2つ

お歳暮受注予約品
12月13日〜12月末発送。

ボンレスハム一本(550g前後)、きざみベーコン100gが二つ入ったセットになります。
※配送日指定はできません

常陸野栗豚は脂と赤身のバランスがよく、ロース、肩ロースはもちろんですが、常陸野栗豚はモモにまで、絹のようなサシが入ります。その常陸野栗豚のモモを贅沢に使用した布巻きのボンレスハムです。
封を開けてスライスして頬張ると、程よく弾力があり、噛むほどに旨味が出てきます。
フライパンで軽く温めると、脂がとろけてまた違った美味しさが味わえます。

長崎県五島灘の塩を使用し、3週間熟成後、
炭火で乾燥し、桜の原木で燻煙、ボイルして完成です。
桜の原木で燻煙していますので、スモークの香りがしっかりとついています。
水増し・増量されたロースハムのようにツルツルしておらず、モモ肉を100%使った
お肉本来の食感です。

ボンレスハムは厚くスライスし、そのまま召し上がっていただいても、フライパンで軽く炙っていただいてもおいしく召し上がっていただけます!
また、きざみベーコンはパスタ、野菜炒め、グラタンなど様々なお料理にご利用ください。

デュロック純粋種「常陸野栗豚」を育て、全て手作業でハムづくりをしています。
必要最低限の発色剤を使用し、調味料は塩と砂糖のみ。増量剤、防腐剤、合成甘味料は一切使用していません。
そのままはもちろん、食材としても美味しく召し上がれます。
おいしいハムは豚肉からハムづくりにはおいしい豚肉が必要不可欠です。

そのため「常陸野栗豚」を、育種から飼育まで、全て行っています。
常陸野栗豚は、肉質が細かく、弾力性があり、脂がさっぱりしているのが特徴です。そのため、上品なハムが出来上がります。
またエサには「TOMOKO(黒麹)」を食べさせています。
このデュロック種は肉質と歩留りも良い品種でありますが、繁殖能力がかなり低く、デュロックの純粋種をお肉として生産している養豚家が少ないのです。さて、日本ではたくさんのブランド豚が世の中に出回っていますが、その数は300に近い。でも実は、その8割近いブランド豚のほとんどが、三元豚です。
同じ豚が何故、ブランド豚として成立するのか。それはストレスフリーといった飼育方法や、様々なエサを変えて特色を出して、ブランド化しているのです。
デュロック純粋種を、飼育方法に、エサにとこだわりました。
それが、常陸野栗豚です。

豚にこだわる本物の味「鉾田ハム」をぜひ召し上がってみてください。

7,200円(内税)

セット

型番  h-004

お歳暮受注予約品
12月13日〜12月末発送。

ボンレスハム一本(550g前後)、きざみベーコン100gが二つ入ったセットになります。
※配送日指定はできません

常陸野栗豚は脂と赤身のバランスがよく、ロース、肩ロースはもちろんですが、常陸野栗豚はモモにまで、絹のようなサシが入ります。その常陸野栗豚のモモを贅沢に使用した布巻きのボンレスハムです。
封を開けてスライスして頬張ると、程よく弾力があり、噛むほどに旨味が出てきます。
フライパンで軽く温めると、脂がとろけてまた違った美味しさが味わえます。

長崎県五島灘の塩を使用し、3週間熟成後、
炭火で乾燥し、桜の原木で燻煙、ボイルして完成です。
桜の原木で燻煙していますので、スモークの香りがしっかりとついています。
水増し・増量されたロースハムのようにツルツルしておらず、モモ肉を100%使った
お肉本来の食感です。

ボンレスハムは厚くスライスし、そのまま召し上がっていただいても、フライパンで軽く炙っていただいてもおいしく召し上がっていただけます!
また、きざみベーコンはパスタ、野菜炒め、グラタンなど様々なお料理にご利用ください。

デュロック純粋種「常陸野栗豚」を育て、全て手作業でハムづくりをしています。
必要最低限の発色剤を使用し、調味料は塩と砂糖のみ。増量剤、防腐剤、合成甘味料は一切使用していません。
そのままはもちろん、食材としても美味しく召し上がれます。
おいしいハムは豚肉からハムづくりにはおいしい豚肉が必要不可欠です。

そのため「常陸野栗豚」を、育種から飼育まで、全て行っています。
常陸野栗豚は、肉質が細かく、弾力性があり、脂がさっぱりしているのが特徴です。そのため、上品なハムが出来上がります。
またエサには「TOMOKO(黒麹)」を食べさせています。
このデュロック種は肉質と歩留りも良い品種でありますが、繁殖能力がかなり低く、デュロックの純粋種をお肉として生産している養豚家が少ないのです。さて、日本ではたくさんのブランド豚が世の中に出回っていますが、その数は300に近い。でも実は、その8割近いブランド豚のほとんどが、三元豚です。
同じ豚が何故、ブランド豚として成立するのか。それはストレスフリーといった飼育方法や、様々なエサを変えて特色を出して、ブランド化しているのです。
デュロック純粋種を、飼育方法に、エサにとこだわりました。
それが、常陸野栗豚です。

豚にこだわる本物の味「鉾田ハム」をぜひ召し上がってみてください。